太陽光発電 効率

変換効率から分かること

太陽光発電のソーラーパネルの変換効率とはこういったことです。

 

変換効率とは、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換したときの変換割合のことを変換効率といいます。
変換効率が高いものほど、より効果的に電気を作ることができるということになります。

 

つまり、変換効率が高いものほどより多くの電気が発電出来るというわけです。

 

ですから変換効率を基準にしてソーラーパネルを選択する方法が理にかなっているわけです。

 

メーカー別変換効率ランキング

 

分かりやすいように各メーカの変換効率をランキング形式にまとめてみました。

 

結果はこのようになりました。

 

  メーカー 型番 公称最大出力 面積 希望小売価格 変換効率

東芝

SPR-240NE-WHT-J 240W 1.24u 176,400円 19.3%

パナソニック

VBHN233SJ01 233W 1.28u 152,250円 18.2%

三洋電機

HIP-210NKH5 210W 1.28u 150,150円 16.4%

三菱

PV-MA2120J 212w 1.42u 142,485円 14.9%

京セラ

KJ195P-3CRCE 195W 1.32u 102,375円 14.8%

 

東芝とパナソニックが頭ひとつ抜き出ていますね。このどちらかを選んでおけばいい訳です。

 

 

本当の賢く選ぶポイントは?

 

さて、ここまでは変換効率を比較して選択基準にしてきたわけですが。。。

 

実は本当の選ぶポイントはそこじゃないんです。

 

選ぶ時に重要なポイントは、どこの施工業者に依頼するかってとこなんです。

 

施工業者については良い業者もいますが、残念ながらあまり良くない業者も存在します。
そこを見極める目が必要なんです。

 

しかしながら、施工業者の良し悪しなんてよくわからないですよね。

 

そこでオススメするのが、無料で複数業者の一括見積が取得できるタイナビです。

 

太陽光発電

 

タイナビを利用すれば全国から厳選された優良企業へ無料で太陽光発電の価格一括見積り依頼ができます。
登録しているのは、厳しい審査基準をクリアした優良企業のみです(総施工実績85200件)。

 

登録も簡単!郵便番号と物件種別を選んでクリックするだけです!

 

価格相場だけではなく補助金の確認もできますので、気軽に太陽光発電一括見積りをしてみてはいかがでしょうか。

 

太陽光発電,効率,太陽光発電 効率